ブログトップ

Nariken's Way

タグ:父 ( 12 ) タグの人気記事

28

目を閉じると家族の姿が浮かびます。

父が亡くなったのは私が高校三年生の時。

すでに母も父のもとに旅立ってしまった。


来年私は父と同じ年齢になります。

今年母が夫を亡くした年齢と同じになります。

私が十七歳の時、両親と同じ年齢になる自分なんて想像すら出来ませんでした。


二十八年


私の身体は、両親です。

両親が私です。

私の身体は両親の思いがいっぱい詰まっています。

限りあるこの命、両親に心から感謝致します。


天から私たちをお見守りください。




[PR]
by do-2u | 2017-04-30 18:00 | Comments(0)

27

ある夫婦の物語が静かに幕を閉じました。
かつて二人は結ばれ、いま完全に一つとなりました。

父が死んだ時うちは不幸だと思っていた。
母が死んだ今うちは幸福だった事を知る。

若くして両親を亡くした父の苦労はいかほどであったか。
母の教え無くしてここまで辿り着く事は到底出来なかった。

二人の愛情は全ての艱難を乗り越えて来た。
その事実を目の当りにしてきた私は一切の言い訳は通用しない。

両親はいない。
会いたい人は過去にはいない、未来にいる。

[PR]
by do-2u | 2016-05-01 00:30 | Comments(0)

26

父の不慮の死から26年が経ちました。

今年は実家で母と2人で夕食を取り、

その事には一言も触れず、母は就寝しました。

もう3人で食事が出来ないのかと思うと、今更ながら寂しい気持ちで一杯です。

母と過ごせる時間を大切にして行きたいと思います。


実家に飾ってある父の写真はもうどれも今の私の年よりも下のものばかりです。

父は永遠に若い時のままの記憶しか私たちには残らない、

ちょっぴりズルい気がしています。


僕は両親に心から感謝しています。

もし生まれ変わってもまた両親の下で生きて行きたい。


今夜の伏見はとても静かです。

皆さんお休みなさい。








[PR]
by do-2u | 2015-04-30 23:38 | Comments(0)

25

惨事から25年。過去に戻りたいとは思わないけど、「もし」あの時父を守ることが出来れば今とは違った時間を過ごして来たはずだし、あなたと出会うこともなかったはず。でもこれが僕の人生。あなたに出会えて本当ラッキーだった。最期にこれで良かったんだと思える人生をあなたと共に生きて行きます。



[PR]
by do-2u | 2014-05-02 04:28 | Comments(0)

24


私たちはいつまでも親父を忘れません。
これからも親父と共に生きて行きます。
どうか無力な私を見守っていて下さい。





[PR]
by do-2u | 2013-05-01 00:00 | Comments(0)

23

もしも父が生きていたら…

きっとあなたの話をすると思う。

私に夢や希望を与えてくれたあなたのことを。

たとえそれが困難で上手く行かなかったことでも、

父なら黙って話を聞いてくれることでしょう。


この23年を振り返って一番心に残っているものは、

あなたの微笑です。






[PR]
by do-2u | 2012-04-30 04:33 | Comments(0)

22

婚姻届に両親の氏名を記入する際に手が止まった。死別していても離婚していなければ母は名前だけ(父親は苗字・名前)を書けば良かった。そうか、父が亡くなって二十一年余、たとえ肉体はこの世に存在していなくても父と母はいままで夫婦だったのだ。他人には言えない別れを経験した母にとって、成田の姓を名乗って年を重ねることの方が辛い選択だったのではないだろうか。そんなこと今まで考えた事も無かった。目には見えない何かで二人は静かに結ばれていた。

いま世界は新しい時代へと突入した。人生で本当に大切なものは何なのか。私は両親の生き様から多くのことを学んで行きたいと思う。



[PR]
by do-2u | 2011-05-01 01:59 | Comments(0)

21

精神の病を患っていた彼を

追い詰めることはできない


全ての言葉を無くした被害母子は

堪え難い屈辱と侮蔑を忍んできた


この苦しい状況を受け入れ

乗り越えられると

自分を信じるしかなかった


俺たち家族にも生きる場所がある

きっと、ある

そう思い続けた二十一年


生命の循環という普遍的なテーマを

無名の人物の姿を借りて

表現し続けること


きっと、変わる

きっと新しい世界が目の前に現れるはず

不幸に終わることのない幸福が僕らを待っている



[PR]
by do-2u | 2010-05-01 18:25 | Comments(0)

20/37

ごめんなさい。

言葉が見つかりません。


安らかにお眠りください。



[PR]
by do-2u | 2009-05-01 03:00 | Comments(0)

19

c0064064_22431786.jpgだれよりもあなたのことを
おぼえておかなければならないのに

だれよりもあなたのことを
つたえていかなければならないのに

ときどき、あなたのことを
おもいだせなくなるときがあるんだ

ぼくのからだから
あなたのきおくがすりぬけてゆく


できることなら


あなたのぬくもりをきおくしたまましんでゆきたい



[PR]
by do-2u | 2008-04-30 03:41 | Comments(0)